鉄筋工とは!?

我々の生活の中で身近に存在している橋やトンネル、高速道路や地下鉄などの公共機関、ビルやマンションという建築物は

全て外からは見えない骨組みの元に形成されています。その幹となる部分を構築するのが、鉄筋工の仕事です。

 

一般的な建築物や構造物は基礎となる土台を鉄筋で組み上げ、その周りをコンクリートで固めることで鉄筋コンクリートを構成しています。

建物の完成後は鉄筋部分がコンクリートに隠れて見えなくなるため、あまり目立たない職種と言えるでしょう。

しかし、鉄筋工の行う仕事は構造や建築においての縁の下の力持ちとして、必要不可欠な専門職種といわれてます。

主な業務内容

鉄筋工の主な業務は形成の指針となる施工図作成から始まり、適切な材料の選択、現場での確実で迅速な作業など

経験と知識を活かした内容がほとんどです。そのため鉄筋工事業で働く際には、国家資格である鉄筋施工技能士という資格が有利になります。

 

建物が完成した後も品質維持のために自社で点検を重ね、次回の仕事に生かし備えていきます。

求められること

鉄筋工事業の中で求められるものは技術の経験、現場での柔軟な対応力と、技術を学びマスターする能力が挙げられます。

重量の重いものを持ち運ぶ体力仕事や、取り付け業務や適切な長さに切断する加工業務など、繊細さと正確性のある仕事が求められています。

© 2018 by 有限会社みのわ All Rights Reserved.